冷却期間を置いても元カレの態度が何も変わらない理由

● 冷却期間を置いても元カレの態度が何も変わらない理由

こんにちは、木田です。

冷たい元カレが、ニヤニヤ笑いだし、暖かい態度に変わり始めます。

連絡をしても、そっけない。LINEも既読スルーされてしまう。そんな彼だったとしてもですね。

驚くほど反応が良くなって、彼の方からアプローチが増えますよ。

あなたは、復縁を実現し、いつまでも仲良くいられるのです。

さて、本題です。

復縁には、冷却期間が大事。そう、あなたも聞いたことがありませんか?

ネットを検索すればたくさんで来るノウハウの一つですよね。

ですが、僕のところには、冷却期間を取ったけどうまくいかなかったという声を、相談があります。

たとえば

「別れて半年後に、LINEしてみたんですが、冷たい感じで1行だけ返信がきました。」

「何がダメだったんでしょうか?」

「まだ連絡をするには早かったのでしょうか?」

という声がありました。

このように、冷却期間を半年置いても、状況があまり変わらないというケースもあります。

でも、逆にスムーズにいくことも、あるのですよね。

この差は、一体なんなのでしょうか?

考えられる原因はいくつかありますが、よくあるのが、『連絡のとり方』です。

そもそも、冷却期間を置く目的はなにか。考えていただきたいです。

冷却期間・・・それはリセットするためです。

別れる際の嫌なイメージを消す時間&お互い冷静になるための時間。

なので、半年開けたのであれば、『半年がたった感覚で』連絡しないといけません。

もし、あなたが半年連絡を取らなかった、ちょっと遠めの友達に連絡をする。

そうしたら、どんな連絡をするでしょうか?

たぶん、気を使いながら連絡をするはずでうよね。

だけど、多くのケースで冷却期間明けに連絡をする場合。

「相手にお付き合いの延長線上の感覚で連絡をしている」ことがよくあります。

半年たったから、何か変化しているはず!

そういう気持ちで普通に連絡するのです。

すると、だいたい相手から冷たい反応です。

これは、自然なことなんです。

相手の時間間隔では、半年は半年という正しい時間の流れで経過している。

だけど、復縁したい側は、今か今かと半年間を待っていました。

復縁したい側は、半年は別れた後から時間が止まっていることが多いのですね。

相手は時が流れている←←『ギャップになる』→→復縁したい側は時がとまっている。

このギャップです。

彼が自分の、そばにいた続きから始めてしまうので、相手と感覚がぜんぜん違うのです。

その感覚の違いが、相手へのLINEに出ます。

彼はその不自然な違いを察してしまう。

なので、警戒し、冷たい対応になるのです。

冷却期間明けの連絡はとても重要。

せっかく冷却期間をあけるのですから、何も変わらなかったというのは勿体無いですよね。

僕もよく相談者さんのLINEを添削したりします。

とくに冷却期間のLINEは大事なので、僕も慎重に考えるくらい大事なのですね。

覚えておいてください。

ですが、冷却期間明けの連絡を失敗しても大丈夫です。

今までのミスを取り戻すことができます。悪い印象を払拭して、驚くほど彼の対応が優しくなります。

あなたのいっぱい、いっぱいだった気持ちに余裕が生まれ始めます。

大好きな彼が両手いっぱいに手を広げ、あなたのことを受け入れますからね。

無料で知れる、有料なみの情報はこちらでお伝え中です。

 

 

 

おススメ記事

復縁を遠ざける使ってはいけない言葉

元彼があなたと復縁しやすくなるタイミング、その1

復縁しやすいタイミングはこれです、その2

元彼があなたと復縁しやすくなるタイミング、その3

無料メルマガ

>>永遠に愛されたい30代40代の為の復縁方法<<

<<2月後半の配信予定内容>>
2月18日復縁活動中に気分が落ちこむ時オススメ!一瞬で持ち直す方法
2月21日復縁に近づくLINEを上手く書くための3つのコツ。その1
2月24日復縁に近づくLINEを上手く書くための3つのコツ。その2
2月28日復縁に近づくLINEを上手く書くための3つのコツ。その3
コチラから登録すると内容が読めます。

※登録されたメールアドレス、お名前は弊社のプライバシーポリシーに則って管理いたします。
※この無料メールマガジンには、木田真也事務所が提供している有料講座のご案内をお送りすることがございます。
※配信解除は、お送りするメールから簡単に行う事ができます。


木田のLINE@はじめました

木田のライン@から、サクサクと女子力&人間力が高まります。
こちらをクリックすると登録できます。
友だち追加


サブコンテンツ

メディア出演等

これまでのテレビ出演や雑誌等での心理解説や心理テストの監修を数多く行っています。
木田真也監修実績

●「村上マヨネーズ」関西TV出演

●「コントロール」フジTVドラマコンテンツ監修

●「昼顔」「同窓生」TVジョン心理解説

●「週刊フラッシュ」取材

●「日経トレンディ」にて「恋愛講座」取材

●「産経新聞」にて「恋愛講座」取材

●深夜番組「メメプロ!」ゲスト出演

●「むか本」心理テスト監修

●「むか本2」心理テスト監修 他

サイドバーフジテレビコントロール

このページの先頭へ