復縁を遠ざける、使ってはいけない言葉

● 復縁を遠ざける、使ってはいけない言葉

こんにちは、木田です。

あなたの復縁が日に日に実現して、彼の笑顔が増えてきます。

やり直せることが現実味を、帯びてきます。ですから、気持ちも前向きになってきて、楽しくなってきます。

辛かった今がウソのように、変化して毎日が潤います。

元彼と楽しかったあの日々が、また訪れるのですね。

いろいろな方の、相談に乗っていると、無自覚に、復縁を遠ざける言葉を使っている方がいます。

それはですね、いわゆる「5W1H」と言われる質問です。

何をしてたの?、誰と?、どこへ?、いつ?、なぜ?、どうやって?ですね。もしかしたら、あなたも、彼にやっていませんか?

付き合っていたころは、ちょっとくらい良いかもしれません。

ですが、一度別れてしまった以上、こんな質問をするとですね。

「なぜ、付き合ってもいないのに、答えないといけないの?」となります。

ですから、ラインやメール、リアルでの対応でこれらの質問を使いすぎると。連絡頻度が減ったり、態度が冷たくなってきます。

そうやって冷たくなると、あなたは更に焦ってしまうでしょう。

すると、もっともっと5W1Hの質問をしてしまいます。

これでは、だんだん距離が開いていく。そして連絡を断たれてしまう、悪循環ですよね。

今すぐ、ラインやメールを見直してみてください。もし、5W1Hを多用しているようでしたら、今日からやめましょう。

その代わり、感想を聞くような質問に返ると良いですね。^^

たとえば、「誰と食事いったの?」ではなく「おいしかった?」。

たとえば、「休日どこにいったの?」ではなく、「休日ゆっくりできた?」。

イメージが、変わりませんか?

ちょっとした言葉遣いから、変えていきましょう。彼との関係も変わってきますよ。^^

もし、今二人の関係が冷めきっていても大丈夫です。

彼の冷えた氷のような心が溶け始めるでしょう。暖かさを取り戻し、反応もプラスになってきますよ。

付き合っていた頃のような、雰囲気を取り戻します。

あなたは、これからも彼と一緒に居れますからね。

2人の愛が燃え上がり、ずっと仲良く笑顔で過ごせますよ。

 

 

 

おススメ記事

元彼があなたと復縁しやすくなるタイミング、その1

復縁しやすいタイミングはこれです、その2

元彼があなたと復縁しやすくなるタイミング、その3

永遠に愛されたい30代40代の為の復縁方法

>>永遠に愛されたい30代40代の為の復縁方法<<

※登録されたメールアドレス、名字は弊社のプライバシーポリシーに則って管理いたします。
※この無料メールマガジンには、木田真也事務所が提供している有料講座のご案内をお送りすることがございます。
※配信解除は、お送りするメールから簡単に行う事ができます。
サブコンテンツ

メディア出演等

これまでのテレビ出演や雑誌等での心理解説や心理テストの監修を数多く行っています。
木田真也監修実績

●「村上マヨネーズ」関西TV出演

●「コントロール」フジTVドラマコンテンツ監修

●「昼顔」「同窓生」TVジョン心理解説

●「週刊フラッシュ」取材

●「日経トレンディ」にて「恋愛講座」取材

●「産経新聞」にて「恋愛講座」取材

●深夜番組「メメプロ!」ゲスト出演

●「むか本」心理テスト監修

●「むか本2」心理テスト監修 他

サイドバーフジテレビコントロール

このページの先頭へ