復縁できるLINEが上手く書けない時の3つのコツその2

● 元彼にLINEするとき、上手に書く3つのコツ その2

こんにちは、木田です。

さて、前回に引き続き、復縁ラインが上手に書けない時の3つのコツについてお話します。

復縁したい相手にラインを送る時、悩んでなかなか書けない・・・という、ご相談をいただきます。

もしかしたら、あなたも、悩んでいませんか?

考えないで、適当に送るもの問題ですが、考えすぎるために送れない、または上手に書けないということがあります。

そんな、上手にラインをかけない、という方のために、3回に分けて、今より上手にラインがかけるための、コツをとお伝えします。ぜひ参考にされてくださいね。

今日は、その2つ目をお伝えします。それは・・・

テンションを上げる。です。

あ、ちなみにウェーイ、ヒャッホーって騒ぐわけではないですよ。(笑)

ご相談にのっていると、苦しくて不安だから、とりあえずラインを送ったというお話があります。

この時の、テンションは、不安や焦り、恐怖です。ネガティブな感情だらけです。

そのため、気持ちは内容に伝染し、相手にネガティブさを感じさせてしまいます。

例えば、怒った顔をしながら、やさしい言葉で話してください。と言われたらむずかしくありませんか?

それは、感情と言葉がリンクしていないからです。

同じように、ネガティブな時に、元気なラインを送ることは難しいです。

どんなに前向きな言葉で隠していても、ですよ。僕がラインをチェックするとだいたい言葉の端々に、辛さがでてしまっているのですね。

ですから、何も苦しいときにはラインをすることはありません。少しでもテンションが、上がっている時にした方が良いです。

まとめますと、テンションはラインの内容に表れる。

無理をせず、元気な時にラインを送りましょう!といことです

そして、あなたは元カレと最高のパートナーになって永遠の愛を手に入れます。

 

 

 

おススメ記事

元彼にLINEしても既読スルー!そんな時、絶対やってはいけないこと

復縁できるLINEが上手く書けない時の3つのコツその2

LINE
↑LINEに登録で「復縁できる3つのステップ動画講座」をプレゼントしています。