復縁できるLINEが上手く書けない時の3つのコツ。その1

● 復縁できるLINEが上手く書けない時の3つのコツ。 その1

こんにちは、木田です。

復縁したい相手にラインを送る時、悩んでなかなか書けない・・・というご相談をいただきます。

もしかしたら、あなたも、悩んでいませんか?

考えないで、適当に送るもの問題ですが、考えすぎるために送れない、または上手に書けないということがあります。

そんな、上手にラインをかけない、という方のために、3回に分けて、今より上手にラインがかけるための、コツをとお伝えします。

ぜひ参考にされてくださいね。

今回は、その1つ目をお伝えします。それは・・・

集中しないこと

なんでやねん!(笑)と思われる方もいると思います。

集中するから、良い文章書けるんでしょ?って。

ただ、それはものによります。相手に気持ちを伝える文章には向いていません。

例えば、彼にラインで連絡するとき。静かな部屋にこもって、集中し、良く考えて送るということをしていないでしょうか?

だいたい、このやり方では、重くなります。重く真面目でもらった彼は、面倒に感じられるのです。

なぜならば、あなたは、めちゃくちゃ真剣になっているからです。

元々、真剣に復縁を望んでいるので、かる~い感じのラインを書くというは、かなり難しいのではないでしょうか?

人は、書いているときの心理状態がラインの内容に表れます。元々、あなたは復縁に真剣なはずです。

なのに、真剣になる環境で書いてしまうと。真剣な気持ち×真剣になる環境すごーい重苦しいラインの出来上がりです。(笑)

そもそも、ラインって気軽な物じゃないですか。すごく真剣で重いラインって不自然ですよね。

ですから、ある程度送る環境は、集中できない方が良いです。あなたの気持ちが楽な時に書きましょうね。

そうすれば、真剣な気持ち×ゆるーい環境=ちょうどいいラインの出来上がりです。

まとめますと。

真剣な気持ちのあなたが、真剣になれる環境でラインを書くとおもーいラインの出来上がり。楽な気持ちの時に書こう。

ぜひ、参考にされてくださいね。^^

では、次回は、ラインが上手に書けない時の3つのコツ。その2についてお伝えしていきます。

あなたのLINE技術がを飛躍的にUPさせ、復縁は可能ですよ。

 

 

 

おススメ記事

忙しい彼と復縁するために、送った方が良いLINE

復縁のアプローチを失敗しちゃった!これってもうダメですか・・・?

LINE
↑LINEに登録で「復縁できる3つのステップ動画講座」をプレゼントしています。