復縁LINE!復縁するために、LINEをうまく書くためのコツ・その3 

● 復縁LINE!復縁するために、LINEをうまく書くためのコツ・その3 

 

どうも、木田です。

 

復縁LINE。復縁を成功させるための方法の一つとして、LINEをうまく活用したい、だけど彼に送ろうと思うと、どうにもうまく書けない! 

 

 

そんな風に悩む方は多いです。

 

そこで、LINEを上手に書くための方法をお伝えするシリーズ、今日は第3回LINE講座です。

 

【本当に友達にLINEを送ってみよう!】 

 

考えて、考えて、考えすぎてLINEの文章が書けない!という人は多いものです。

 

適当に送ってしまうのも問題ですが、だからといって時間をかければうまく書けるというものでもないんですよね。

 

そんな時の秘策として、「友達にLINEをして、その内容を彼に送る」ということを試してみてください! 

 

復縁の方法の一つとして、いったん友達として繋がるというやり方があります。しかしあなたの方では、「復縁したい」と思っているので、実際にLINEを送ったとしても、「本当の友達に書くようなつもり」では書けないことが多いものです。

 

そこで、実際の友達にLINEを送り、その文章をそのまま彼に送るんです。 

 

大事なのは、本当に友達に送信したLINEを使うという点ですよ。

 

友達だったら、気軽に話しかけられるし、重い文章になりませんよね?

 

ですから、彼に送りたいなと思っている話のネタで、本当の友達に送ってみるんです。もしくは、彼に質問したいことがあるなら、それをそのまま友達に送ります。

 

そのあとで、同じ内容のものを彼に送るのです。

 

下書きしてから読み直せばいいんじゃない?と思うかもしれませんが、それでは意味がありません。だって、「彼に送るため」の下書きですから、「友達に送る」文章にはなってません。 

 

だからあえて、本当の友達に一度LINEを送り、その文章をそのまま彼に送るんです。

 

【ひと手間かけるからうまくいく!】 

 

そんな面倒くさいことしないといけないの?と思うかもしれませんが、料理と同じですよ!

 

ひと手間かけたものの方が、美味しいと思いませんか?

 

彼への文章と友達への文章、微妙に接続詞や助詞、言葉尻が違うはずなんです。実際の友達に送るからこそ、ほんとの「友達感」を出すことができるんですよ。 

 

決して難しいことではないと思うので、ぜひやってみてください。

 

 

これまで3回にわたってLINEをうまく書くためのコツをお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

 

本当はもっと細かい方法があるのですが、少なくともこの3つを実践してもらえるだけで、これまで送っていたLINEとはずいぶん印象が変わるはずです。

 

悩んでしまって前に進めない、素直で真面目な人にこそ、この方法は役にたつと思いますので、ぜひ試してみてくださいね。

 

LINEもメールも、相手との距離を縮める大事なツール。使い方次第であなたの復縁をぐんと後押ししてくれるものですから、上手に使って復縁につなげていきましょう!

 

週2回配信中のメルマガでは、こんな復縁ノウハウをお伝えしています。なかなか復縁が進まないとお悩みの方に、ぜひ参考にしていただきたいです。

 

メルマガの登録はこちらからどうぞ。^^

LINE
↑LINEに登録で「復縁できる3つのステップ動画講座」をプレゼントしています。