● 復縁ライン。元彼に送ったラインの返信がない時の正しい対策法 

 

復縁したいと思っている彼にLINEを送ったのに、返事がない…。

 

そんな時は、落ち込みますよね。

 

 

気持ちも焦るし、つい「返信の催促」をしてしまいがちですが、ちょっと待って!

 

LINEを頑張っても、返信がないことはあります。でも催促なんてしてはダメです。

 

返信がないときの対策は基本中の基本ですから、絶対に覚えておいてくださいね。

 

【どうして彼は返信をくれないの?】 

 

対策の前に、どうして彼は返信してくれないのか、その理由について考えてみましょう。

 

主なものはこの3つです。

 

1.意図的に返信をしない 

2.忙しくて返信を忘れた 

3.あなたのLINEが返信不要なないように思われたから 

 

さて、これらの理由に対して、どのような対応が正しいのでしょうか。

 

【どのケースでも返信を催促してはダメ!】 

 

まず、1.の意図的に返信をしないというケース。

 

相手があえて返信をしていないのですから、ここで催促したところで、返信は来ないでしょう。それなのに、何度も返信の催促なんてしたら、どうなりますか?

 

もっと嫌がられてしまう可能性があります。ですから、催促はダメ。

 

では2.の忙しくて忘れてしまったケース。

 

返信するつもりはあったけれど、忙しくて疲れている彼に催促をすれば、「なんで返事をくれないの!」と責めていることになりますよね。あなたにたとえそのつもりがなくても、です。

 

うっかり忘れていただけなのに「返信まだ?」みたいなLINEが来たら、やっぱりいい気持ちはしないですよね。

 

ですから、催促はダメ。

 

最後に3.の返信が不要だと思った、というケース。

 

ただの連絡事項だから返信する必要がないと思っていたのに、「返信まだ?」とくると、「え、あのLINE、返信不要でしょ?」となってしまい、意見や価値観が合わないなあと彼に思わせてしまいます。

 

ということは、これも催促はダメ。

 

1~3のケース、すべて「返信の催促」はダメ!ということになります。 

 

【まずは気持ちを落ち着けて】 

 

返信がこないと焦ってしまう気持ちはわかります。返信が欲しいと思うあまりに、催促したくなってしまいますよね。

 

でも、そんな時こそ大切なのは、「落ち着くこと」です。 

 

音楽を聴きながらハーティーでも飲むとか、外に散歩に出るのもいいですね。歩くだけでも気持ちが落ち着いてきますよ。

 

返信がなかった時には、返信を催促するのではなく、少し時間をあけて、またLINEをしてみましょう。その方がずっといいです。

 

その時は、もちろん返信がなかったことに触れてはいけませんよ。

 

再度LINEを送る時には、連絡事項的なものがいいですね。連絡する理由がはっきりしているので、彼も反応がしやすいです。

 

LINE上手は復縁上手!

 

返信がなくても、今回のお話を参考に、落ち着いて行動してみてくださいね。

 

週2回配信中のメルマガでは、こんな復縁ノウハウをお伝えしています。彼に送るLINEて難しいな~と思っている方に、ぜひ参考にしていただきたいです。 

 

メルマガの登録はこちらから。

LINE
↑LINEに登録で「復縁できる3つのステップ動画講座」をプレゼントしています。