復縁に近づく!LINEをうまく書くためのコツ・その1

● 復縁に近づく!LINEをうまく書くためのコツ・その1

彼と復縁したいけど、上手にLINEが書けない!とお悩みの方は、本当に多いです。

悩んで、悩んで、上手に全然書けない。

そんなあなたに、LINEを上手に書くためのコツを今回から3回に分けてお伝えします。

今日はその1回目、考えすぎてしまって書けないとお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

ポイントは、気持ちを楽にすることです。

 

【考えすぎると文章が重くなる!】

さて、LINEをうまく書けない理由の一つは、

ズバリ、「集中し過ぎ」。

LINEを書くことに集中し過ぎて、考え過ぎて、さらに真剣になり過ぎてしまっているのです。

さあ、彼にLINEを書こう!と思った時、あなたはどうやって書いてますか?

静かな部屋にこもって、集中して、よく考えて…こんな風に書いていませんか?

そうするとどうなると思います?とても、重い文章になってしまうんですよ。

あなたの真剣さが文章に出ますから、とても「深刻」な文章になってしまうんです。自分では、そのつもりがなくても、です。

受け取る方の気持ちになってみましょう。

あなたは確かに、「真剣に」復縁を望んでいますが、彼はまだどうだかわかりませんよね。

そんな時に深刻なLINEが来たら…重い。復縁が遠のいてしまいますよ。

 

【集中しすぎないで書くのがコツ!】

ではどうすればいいのでしょうか。

それは、集中しないで、軽い気持ちで書くことです!

そんなの無理~!集中しないでLINEなんて書けない、と思うかもしれませんが、気持ちを緩めるのはとても大事ですよ。

文章って、その人の心理状態がすごく出てしまうものなんです。

あなたは真剣に復縁を望んでいる、その状態で、静かな部屋にこもり、集中してスマホに向かい…

こんなことをしてしまうと、真剣を通り越して「深刻」になってしまうのです。あっという間に、重いLINEの出来上がり。

せっかく復縁を頑張っているのに、自分で重い方向へ持っていってしまってはもったいないです。

復縁したいという気持ちが強い時、気持ちだけ楽にするというのは難しいと思うので、せめて環境を緩くしてみるんです。集中できない環境でLINEを書いた方が、気持ちを楽にできるはず。

そうすれば、真剣な気持ち×ゆるい環境=ちょうどいいくらいのLINEの出来上がり、となります。

まとめますと、あまり深刻な文章にしないために、気持ちが楽になる環境で書いてみてください、ということです。

集中しないようにすれば、適度にゆるい、気楽な文章が書けますよ。

ちょっとしたコツですが、悩んでうまく書けないと思った時こそ、気持ちを切り替えてみてください。

週2回配信中のメルマガでは、こんな復縁ノウハウをお伝えしています。

復縁がうまくいかない、どうすればいいかわからないという方に、ぜひ参考にしてほしいのです。

メルマガ登録は、こちら。

 

 

 

LINE
↑LINEに登録で「復縁できる3つのステップ動画講座」をプレゼントしています。