元彼とラインが続かない3つの理由!大事な距離感 

● 元彼とラインが続かない3つの理由!大事な距離感 

どうも、木田です。

 

元彼とラインが続かない…

 

LINEは今や、復縁活動の必須アイテムといえるでしょう。しかし、なかなかうまく使いこなせていない人が実に多いのです。

 

 

非常にもったいない…。

 

LINEは使い方次第で、復縁にプラスにもマイナスにも働くものです。今回は、元彼とLINEを続けたくてもうまく続かない!という方のお悩みに答えます。

 

【LINEが続かなくなる3つの理由とは】

 

LINEがうまく続かないと、多くの方は、「私は嫌われてしまったんだ…。」「彼は返事を送りたくないんだ…。」と考えてしまいます。

 

しかし、実際に嫌われているから返事がこないというのは、それほど多くはありません。

 

彼がLINEのやり取りをしない理由としては、以下の3つが考えられます。

 

1.忙しくてやり取りしている暇がない 

2.別れたけじめとして、一線を引いている 

3.今は関わり合いたくないと思っている 

 

女性の皆さんは、「3番」だと思ってしまいがちなのですが、これはレアケース。

 

本当に関わり合いたくないと思われているなら、確かに何もしない方が良いのですが、多くの場合は「1番」か「2番」です。

ここで特に重要なのは、2番の「けじめをして一線を引いている場合」です。 

 

別れたのにこれまで通りのLINEのやり取りをしていたら、「別れた意味がない」と思われてしまう可能性が高いから。

 

・前となんら変わらない

・今は別れたのだから、そんなに律儀に返事する義務もない

・深くは答えなくていい、むしろ別れたのに深く答えるのはおかしい

 

男性側からすると、こんな風に思うわけです。

 

ここは、女性と感性が違うところですね。

 

特に嫌われている感じでもないけれど、返事がなかなかこない…。そんな時は、「一定の距離を置いている」ことが原因であると考えられます。 

 

【大事なのは距離感!】

 

相手に距離を置かせてしまう原因としては、あなたの「距離感」が関係していることが多いです。

 

ここ、重要です。

 

例えば、

 

「こんにちは~。

今日は寒いね(^◇^)

あなたは風邪引きやすいから、大丈夫?

ちょっと心配^^;

 

こんな時は、栄養のあるもの食べるといいよ。

パーッと美味しいものでも食べに行こうよ(#^^#)?」

 

こんなLINEが来たら、彼はどう思うでしょうか?

 

これは、距離が近すぎるLINEの代表例です。

 

彼にしてみれば、

 

・おいおい、いつまで恋人気分なんだ? 

・お前は彼女か? 

 

こんな風に思うんですね。

 

「あなたは~~だから」

「あなたは~~だよね」

 

という文体は、「私はあなたのこと、よく知ってるの~!」とアピールしているようで、相手に嫌がられますので気をつけたいところです。

 

【相手を警戒させない文体に】

 

復縁をしたいときに、「まずは友達に戻ろう」と考える人が多いと思います。

 

それ自体は、間違いではないです。

 

しかし、友達には友達の距離がありますよね。

 

例えば、絵文字。

 

会社の先輩などに、絵文字を多用しますか?しないと思います。

 

適度に距離のある人には、その距離に応じた文体があるはずです。それは、元彼が相手でも同じこと。

 

もう今は彼女ではないのです。距離の近さを感じさせない文体が必要。

 

別れたけじめとして一定の距離を置いているのに、極めて近い距離のLINEが来たら、「ちょっと勘違いしてない?」と思われてしまいます。だから、それをわからせるために「無言」になってしまうんです。

 

大事なのは、彼との温度差をなくすことです。

 

LINEを送る時は、くれぐれもその点を忘れず、少しカチッとした文章で送ってみてください。

 

そうすると、未練もないように感じられますし、違和感なくやりとりができるでしょう。

 

でも、実際にどうやって連絡すればいいかわからない!という人も多いと思います。

 

週2回配信中のメルマガでは、こんな復縁ノウハウをお伝えしていますよ。復縁で苦しい思いをしている方に、ぜひ参考にしていただきたいです。

 

メルマガ登録はこちらから。

LINE
↑LINEに登録で「復縁できる3つのステップ動画講座」をプレゼントしています。